本文へスキップ

車を高額で売るのコツ

三菱のエアトレック

三菱自動車が2001年にデビューさせた「エアトレック」は、SUVやステーションワゴン、
ミニバンなどの既存の車種の枠を超えるべく開発されたクロスオーバーSUVで、
車高はタワーパーキングに入庫が可能なギリギリの高さに抑えつつ、
可能な限り室内空間を確保しています。
エンジンは2.0Lと2.4Lの自然吸気と2.0Lターボの3種類が用意され、
ターボエンジンはランサーエボリューションとほぼ同等の性能とパワーを秘めていました。
トランスミッションはインパネシフトを採用した4速または5速のオートマチックを装備しています。
駆動方式は三菱が長年培ってきた走破性の高い
ビスカスカップリング付きセンターデフ式4WDシステムが採用され、FF車も用意されていました。
最低地上高は195mm確保されており、雪道や悪路での走破性も高いです。
車内空間は、前席はインパネシフト採用によりウォークスルーが可能で、
助手席側から運転席に乗ることが容易です。
後部座席の足元空間も広めに確保されており、ロングドライブもゆったりくつろげます。
インパネデザインはシンプルなデザインで、武骨さとアクティブさを兼ね備えています。
ターボ車にはスピードメーターにホワイトメーターが採用されています。